長岡京市の魅力と特徴

長岡京市について

長岡京市は、歴史的な魅力と現代の利便性を兼ね備えた素晴らしい街です。ここでは、長岡京市の歴史、自然の美しさ、交通アクセス、地域の活気など、長岡京市が住む場所として魅力的である理由を詳しく紹介します。

下の+を押すと写真が開きます

長岡京市の歴史

長岡京市は、794年から9年間にわたり平安京に移る前の日本の首都として栄えた場所です。桓武天皇が平安京に遷都する前の短期間ではありますが、日本の歴史において重要な役割を果たしました。

  • 長岡京の設立: 桓武天皇が平城京から遷都し、長岡京を築いたのは794年。現在の長岡京市は、この歴史を基に発展してきました。
  • 歴史的名所: 長岡京市には、当時の名残を感じさせる歴史的な名所が多く存在します。長岡天満宮、乙訓寺、光明寺などがその一例です。

自然の美しさと名所

長岡京市は、自然の美しさが豊かで、四季折々の景色を楽しむことができます。以下に、市内の代表的な自然名所を紹介します。

  • 長岡天満宮のキリシマツツジ: 春になると、長岡天満宮のキリシマツツジが見事に咲き誇ります。この鮮やかな赤い花は市内外から多くの観光客を引き寄せます。
  • 乙訓寺のボタン: 初夏には、乙訓寺で美しいボタンの花が見られます。寺院の静かな雰囲気と共に楽しめるこの風景は、多くの人々に愛されています。
  • 光明寺の紅葉: 秋になると、光明寺の紅葉が見事です。鮮やかな赤や黄色に染まる木々が織りなす風景は、訪れる人々を魅了します。
  • 柳谷観音のあじさい:梅雨の時期になると柳谷観音ではあじさいまつりなどが行われます。奥の院までの回廊沿いに咲くあじさいが見どころで、抹茶や茶菓子を楽しむこともできます。
    2024年あじさいウィーク長岡京市公式ページによる詳細はこちら
  • ガラシャまつり:毎年11月に開催されるお祭りで、戦国時代の女性、細川ガラシャ(本名:玉子)を記念しています。彼女は、キリシタン大名として知られる細川忠興の妻であり、その劇的な人生が広く知られています。玉の輿の語源にもなっています。
  • ホタルの夕べ:6月の中頃には西代公園でホタルの鑑賞会が行われます。便利な街なのに自然豊かなところが長岡京市の魅力の一つです。
    こちらは2024年6月7日のホタルの様子です。
    2024年長岡京市ホタルの夕べの公式サイトはこちら
  • バンビオイルミネーション:毎年12月から1月にかけてJR駅前のバンビオ広場をイルミネーションで飾っています。このページの上部にあるギャラリーに写真もあるので御覧ください。
  • 勝竜寺城の桜:勝竜寺城は春になると美しい桜で彩られ、花見の名所として知られています。城の周辺には数百本の桜が咲き誇り、歴史的な雰囲気と相まって、多くの観光客や地元の人々が訪れます。桜のシーズンにはライトアップも行われ、昼間とはまた違った幻想的な景色が楽しめます。
  • 長岡天満宮八条ヶ池の桜:八条ヶ池は、天満宮の境内に広がる大きな池で、春になるとその周辺には約1,500本の桜が咲き誇ります。特にソメイヨシノが多く、満開時には池の周りが桜色に染まり、風情ある景色が広がります。池に映る桜のリフレクションも美しく、写真愛好家にとっても絶好のスポットです。桜の時期にはライトアップもされ幻想的な桜が人気です。池には水上橋があり水上橋からみる桜もまた幻想的です。

長岡京市観光協会のページも載せておくので良ければ参考にしてください。

歴史と花とやすらぎのまち|長岡京市観光協会
長岡京市観光協会の公式Webサイト。観光マップや観る・食べる・遊ぶといった観光情報が満載。

名産品の紹介内容

たけのこ

長岡京市は「たけのこの里」として有名です。春になると新鮮なたけのこが収穫され、その品質の高さから全国的にも評価されています。たけのこは、そのまま食べるのはもちろん、様々な料理に使われ、地元の特産品として親しまれています。

長岡天満宮境内にある錦水亭はたけのこ料理で有名です。またたけのこを使った様々な商品があります。

  • たけのこ最中: 喜久春は地元の名産であるたけのこをふんだんに使用した和菓子です。最中の中には、たけのこの風味を活かした餡が詰められており、上品な甘さが特徴です。
  • たけのこの佃煮: 小川食品のたけのこの佃煮は、地元産の新鮮なたけのこをじっくり煮込んで作られています。醤油と砂糖で味付けされ、甘辛い味わいがご飯にぴったりです。
  • たけのこサブレ: みずは北川は長岡京市の人気の和菓子店です。たけのこの風味を練り込んだサブレ生地を使った洋菓子です。サクサクとした食感とたけのこのほんのりとした甘さが絶妙にマッチし、ティータイムのお供に最適です。
  • たけのこのハンバーグ:たけのこの季節になると期間限定で販売されるたけのこのハンバーグ。長岡京市の人気洋食店AKIRAはたけのこの季節になるといつも行列です。

たけのこ最中:喜久春

たけのこの佃煮:小川食品

たけのこサブレ:みずは北川

たけのこのハンバーグ:洋食AKIRA

菜の花

菜の花も長岡京市の名産品の一つです。春に一面に咲き誇る菜の花畑は美しい景観を作り出し、多くの観光客を引き寄せます。菜の花は、食用としても人気があり、特におひたしや和え物などで楽しむことができます。

交通アクセスの良さ

長岡京市は、交通アクセスの良さでも知られています。京都市や大阪市へのアクセスが非常に便利で、通勤や通学にも適しています。

  • 鉄道アクセス:
    • 阪急京都線: 長岡京市には阪急京都線の長岡天神駅があり、特急電車が停車するため、京都市内や大阪市内へのアクセスが非常に便利です。
    • JR京都線: 長岡京駅も市内にあり、こちらも京都市内や大阪市内へのアクセスに便利です。
  • 高速道路: 名神高速道路や阪神高速道路へのアクセスも良く、車での移動もスムーズです。

地域の活気と住みやすさ

昨年長岡京市は市政50周年を向かえ、庁舎も新しくなりました。まだ、工事途中ではありますが、市役所もできたてで非常に綺麗です。長岡京市は、近年人口が増加傾向にあり、地域全体が活気にあふれています。

  • 人口増加: 長岡京市は、近年の人口増加傾向により、地域の活力が向上しています。新しい住宅地や商業施設も増え、住みやすさが向上しています。
  • 地域のイベント: 長岡京市では、年間を通じて様々な地域イベントが開催されており、住民同士の交流が盛んです。これにより、地域コミュニティが強化されています。

よければ長岡京市のホームページも御覧ください。

長岡京市公式ホームページ
長岡京市の公式サイト。市政や暮らしの情報。

住む場所としての魅力

長岡京市は、歴史的な背景や自然の美しさ、交通の利便性、地域の活気など、住む場所として多くの魅力を持っています。現在も長岡京市の人口は増加傾向にあるくらい人気の街となっています。

  • 教育環境: 長岡京市には、教育機関が充実しており、子育て環境も整っています。公立・私立の学校や塾が多く、教育に対する選択肢が豊富です。
  • 商業施設: 市内には大型スーパーや小さなマーケット、レストランなどの商業施設が充実しており、日常の買い物にも困りません。
  • 医療施設: 病院や診療所も多く、医療面でも安心して暮らすことができます。

乙訓医師会の医療マップも参考にどうぞ


このように、長岡京市は歴史と現代が融合した魅力的な街であり、住む場所として非常に多くの利点があります。この情報を元に、長岡京市に引っ越すことを検討している方々にとって、参考となる情報を提供することができます。