院長の治療日記

患者さんからの感謝の言葉や治療の成果を記録した院長の治療日記。日々の出来事や診療の様子を率直に綴り、治療の進捗や患者さんの健康を支える取り組みを共有しています。診療の裏側や院内の活気を垣間見ることができる、温かみのあるコンテンツです。

2024年

5月

14日

鼠径部の痛み
先月から来院されていた患者さんがお礼にお菓子を持って来てくれました。
彼女は先月から鼠径部の痛みでお悩みでしたが、治療を受けてから完全に痛みがなくなり、清々しい気分になったそうです。
ちなみに彼女の原因は大腿神経にありました。
このような成果を実感してくれた患者さんからの感謝の言葉が一番嬉しいです。

6月

11日

膝の痛み
本日来院された患者さんが、膝のお皿の下あたりにピリピリとした痛みを感じていました。これは姿勢不良からくるものと説明し、大腿四頭筋の筋膜リリースを行ったところ、痛みがなくなりました。
この内容については詳しくはこちらから↓

25日

下腿部の緊張
昨晩、鍼灸師である奥さんと筋膜剥がしの勉強会をしました。
下腿部にある筋膜剥がしをすべて行うと脚がすごく軽くなります。
立ち仕事や、足がつる人、膝に痛みがある人、足底腱膜炎の人、こういう人たちにとってすごく良い治療だと感じました。
やっぱり治療の勉強は受けるのが一番ですね。いい勉強になりました。
今後メニュー化していきたいと思うので興味のある方はお尋ねください。

7月

3日

小学5年生の腰痛
スイミングスクールの可動域測定検査の際に仰向けで足が上げれなっかった小学5年生の男の子。ほんの数センチしか足が上がらずお母さんが心配で来院されました。
 仰向けに寝るだけでも腰が痛かったらしく、施術後は足を直角まで上げれるようになりました。本日二回目の来院でしたが、施術前から直角まで上げることができました。ただ少し痛みが残っていたようですが、施術後痛みもなくなりました。子供の治癒力はすごいですね。もし子供さんがどこか痛がっているようなら我慢させずに早めにご相談ください。
 なお、あまりにも早く良くなったため妹さんを連れてこられたのですが、X脚がひどく妹さんの方が重症でした…

6日

足の捻挫と松葉杖
6月3日に足の捻挫で歩けない方が来られました。
久しぶりに松葉杖が必要な方で松葉杖の貸出を行いました。
3日の治療で歩けるようになり本日松葉杖を返却していただきました。
足がつけないと来るのは大変だと思いますが、できるだけ早期に治療を開始する方が早く良くなります。
また松葉杖の貸出も無料で行っていますので、ぜひご活用ください。